Warm from within 〜ブリスベンに冬が来た

5月中下旬に続いた長い雨の期間が過ぎ去り、6月に入りブリスベンには冬が訪れました。

と言っても、日本の本州のように紅葉が散って、木枯らしが吹き始め、街に灯り始めたイルミネーションを見て「あぁもう冬か・・・」と感じるのとはまたちょっと違います。 Continue reading “Warm from within 〜ブリスベンに冬が来た”

私のカムカムエヴリバディ〜NHKラジオ少女が海の向こうに渡るまで

NHK連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』が先日、最終回を迎えましたね。NHKラジオ英語講座を一つのキーにしながら、安子・るい・ひなたの3世代100年を描く壮大な物語でした。私も最終週は涙なしには見られない毎日で「メイクは朝ドラの後!」というマイルールを作り、毎朝号泣する準備万端で臨んでいました。
Continue reading “私のカムカムエヴリバディ〜NHKラジオ少女が海の向こうに渡るまで”

「シンパシー」ではなく「エンパシー」をー誕生日、延暦寺での母との対話から

先日、33歳の誕生日に約1年ぶりに母親と会いました。
緊急事態宣言がようやく明けたからと、神奈川から大阪まで弾丸で来てくれ、一緒に比叡山に登り一日たくさんのことを話しました。
Continue reading “「シンパシー」ではなく「エンパシー」をー誕生日、延暦寺での母との対話から”

祖母と暮らせば〜祖母が米寿を迎えた日の話

祖母が米寿を迎えました。

祖母88歳、孫33歳(←来月迎える)、その差は実に55歳。世代差の大きい私たちですが、こうして大阪市内で一緒に暮らし始めて約1年半、一緒に2回目の誕生日を元気に迎えることができてほっとしました。

Continue reading “祖母と暮らせば〜祖母が米寿を迎えた日の話”