Я хочу жити в Україні.(私はウクライナに住みたい。) 〜生の言葉が伝える痛みについて

連日、ロシアのウクライナ侵攻のニュースが日本でも繰り返し伝えられ、その痛ましい惨状に胸を痛めている方も多いと思います。ショッキングな映像が連続する一方で、コロナの感染者数の数字報告を、もはや天気予報の一部のような感覚で見ている自分にはたと気づき、色々感覚が麻痺しているなとも感じます。

今ではもっぱら英語教材制作に携わっている私ですが、実は大学時代は「外国語学部ロシア東欧課程・ロシア語専攻」でした。もともと積極的に「ロシア語をやりたい!」というより単純に「東京外大に入りたい!」という気持ちの方が強かったので、ロシア語面においてはけっして優秀・熱心な学生ではありませんでした。
それでも、夏休みにはモスクワ・サンクトペテルブルクに語学研修に行き、現地の先生や学生と親しくなりました。日本で3.11が起こった時は、卒業旅行でサンクトペテルブルクへ向かう途中のトランジットで、モスクワ空港にいました。入国審査で「日本が大変なことになっている」と言われ、そこで初めてロシア語での「地震」(землетрясение ゼムリャトリャセェーニエ)という単語を知ったことを、今でも鮮明に覚えています。

NHKのロシア語講座以外で、日本のテレビでこれだけのロシア語・ウクライナ語が流れることは未だかつてなかったのではないでしょうか。(もしかしたらソ連崩壊の時にはあったのかもしれませんが、少なくとも私が物心ついてからは初めて。)
ロシア語とウクライナ語は言語的にも似た部分が多くあり、また、ウクライナの中にはロシア語を母語とするウクライナ人も、ウクライナ語を准母語とするロシア人も多く住んでいます。(*注)大学を卒業してから10年以上、すっかりロシア語は忘却の彼方と化していましたが、それでも人間不思議なもので、英語でいうところの中学1年生程度の初級レベルなら自然と記憶が残っていることに気づきました。なので、意識するとしないとにかかわらず、インタビュー映像を見ると、自然と音だけでその悲痛な叫びが耳に入ってきてしまうのです。

国外へ幼子を連れて脱出する母親が Я хочу жити в Україні.(ヤーハチュージーチブウクライーヌィ:私はウクライナに住みたい。)と目を真っ赤にして語る声。
爆撃された病院の瓦礫の前に立ち尽くした人々が Никто не помогает.(ニクトーネェパマガーエット:誰も助けてくれない。)と絶望を語る声。

ロシア語だったり、ロシア語に近い音のウクライナ語だったり、とにかくそのフレーズが耳にこびりつき、TVを消した後もずっと耳の中でリフレインするのです。
もちろん、日本語テロップも正しく翻訳されているのですが、テキスト化されたものではなく、音から意味がわかると、そこにどれほどの痛烈な感情が込められているのかが何十倍も生々しく伝わってきます

ある人間の生の言葉を、別の人間が生で理解できるということは、そこに込められた痛み・悲しみ・怒りといった温度、生の感情を感じ取ることであり、どんなにAIや自動翻訳が進化しても、この「生々しさ」を超えることはないのだと確信しました。
そして、「外国語がわかる」というのは自分の内的・外的世界を広げてくれる「楽しい」ものだと基本的には思っていますが、時にこんなにも痛さを伴うものであるのだと、今回改めて思い知りました。

日本で暮らす私達が、SNSのプロフィール画像にウクライナ国旗のマークを入れるのも、各地のデモでウクライナ国家を歌うのも、一つのサポートであり、人道的な草の根根活動としてもちろんありだと思います。ただ、個人的には、ロシアにも、ウクライナにも、それぞれの地に友人がいて、彼らの顔を思い浮かべると、記号的に国旗画像を付けることには少しためらいを感じてしまうのです。(もちろん表明している人もけっして「ロシア人」を責めているわけでなくて、「国家(政府)」として捉えたうえでの「反対」のニュアンスだとは思いますし、ロシアの中にもリスクを覚悟で反対を訴える人はたくさんいますが。)

今も双方で傷つき、血を流している人がいるということ。
その一人ひとりに家族や友人がいて、帰りたい・帰るべき場所があるということ。
それを訴える生身の人間の温度を伴った生の言葉ほど、痛烈に人の胸を打つものはないのかもしれません。

綺麗なまとめが見つかりませんし、綺麗にまとめる必要もないですが、最後に、ロシア語の恩師である沼野恭子先生がインタビューでまさに、「ロシアを学び知る意味」についてお話しされていたので、それを添えさせていただきます。

『ロシアを学び知る意味とは 侵攻に抗議した東京外語大・沼野教授に聞く』(毎日新聞 2022.3.20)
https://mainichi.jp/articles/20220318/k00/00m/030/403000c

Still, I want to believe the power of words.
Ayaka

*注)参考:東京外国語大学言語研究所 ウクライナ語
http://www.tufs.ac.jp/common/fs/ilr/archive/ukr/ukr1.html