海外に出て気づく、幼なじみの存在の大きさ


11月最後の週末、勤労感謝の日の祝日を利用し、幼なじみの女友達が弾丸でブリスベンまで遊びに来てくれました。


幼稚園~高校までずっと一緒だった、実家の近所の幼なじみ。けっして日本は休みやすいシーズンではないのに、お小遣いを貯めて、仕事を調整してはるばるやって来てくれました。

実質、ブリスベンとゴールドコーストを1日ずつの観光するのが精いっぱいの弾丸の2日間
折しも、彼女が来てくれた日にブリスベンの街の広場で巨大ツリーの点灯式がありました。私にとっても、南半球で過ごす初めてのクリスマスシーズン。何百人と観衆が集まったキングジョージスクエアに二人で参戦。ステージ上のサンタクロースやエルフ、ブリスベン市長や広場から通りへと溢れ出た、たくさんの人々と一斉にカウントダウンを楽しみました。