海外に出て気づく、幼なじみの存在の大きさ


留学をして得たものは、経験にスキルにネットワークに数知れません。新しい友達も、ブリスベンを離れると思うだけで切なくなるほど大切な人もたくさんできました。でも、「幼なじみ」という存在との間には大人になってからは作れない幼少・思春期時代の記憶の歴史があって、それは何物にも代えがたい。改めてこうして20年来の友人である彼女の存在の大きさに気づき、離れていても心から大好きで大切だと思えるようになったことは、私にとってこの留学で得た大きな財産の一つであることに間違いありません。

Thank you so much for being my friend.

Ayaka